フロックスってどんな花?

夏から秋に咲く可憐な花

フロックスは種類によっては早春から咲くものもあるようですが花の少ない夏に咲くものが多いようです。別名「おいらんそう」とも呼ばれるようです。花びらは5弁で茎のてっぺんに固まって咲きます。1つの花は2センチ位です。花の色は白、ピンク、赤、紫などがあり夏の庭にきれいなグラデーションが作れます。背丈も芝桜のように低いものから子どもの背丈くらいになるものまであるようです。栽培には水はけのよい半日陰の土地が適しているそうです。

宿根フロックスと呼ばれる多年性タイプと種から育てやすい1年草タイプがあります。多年性のものは耐寒性がありますので容易に越冬できます。我が家は新潟市で冬は積雪もありますが特になにもしなくても毎年咲いてくれています。宿根フロックスは花の苗を売っているお店で買う事ができますが時期によっては在庫がない場合もあります。

This entry was posted in 品種, 育て方. Bookmark the permalink.

コメントを残す