摘心をしてこんもりと。

ひょろひょろとならないように

フロックスなどの草花は根元近くから多くの茎を出してその茎の先端に多くの花を咲かせることでこんもりとした感じにできるようです。春に芽が出たままにしておくとひょろっとした茎が数本だけ伸びてしまい花もまばらな感じになります。うちは今年、やらずに居たためにあまり綺麗に咲かせられませんでした。

どうやるの?

宿根フロックスの場合、芽が15cmくらいになった所で先端の芽を摘み取るといいそうです。そしてその下から出た新しい茎が伸びたらまた摘心すると茎が分かれて多くなっていくそうです。フロックスはそれ自体が茎の先端にこんもりとした花姿なので茎を多くしてあげると更に綺麗に見えることでしょう。来年は忘れずにやりたいと思います。

This entry was posted in 育て方. Bookmark the permalink.

コメントを残す